南九州税理士会

ホーム > 税のはなし
税のはなし

消費増税後の景気対策(令和元年10月24日掲載)


更新日:2019-10-24

住宅ローン控除が3年延長

【問い】消費税率の10%への引き上げに合わせて、住宅ローン控除が拡充されたと聞きました。内容を教えてください。

【税理士】10月の消費税率引き上げ後の景気落ち込みを防ぐ対策として、幾つかの税制改正がありました。

 住宅ローン控除についても、住宅取得需要を平準化させるため、一定の要件を満たす場合に、住宅ローン控除の期間が従来の10年から3年延長されることになりました。

 一定の要件とは、消費税率10%が適用される住宅を取得し、かつ2019年10月1日から20年12月31日までの間にその住宅に居住していることです。

 入居後10年間の住宅ローン控除はこれまでと同じですが、11年目以降の3年間については「住宅ローンの年末残高(上限4千万円)×1%」か、「建物の購入・建築金額(上限4千万円)×2%÷3」の、いずれか少ない方の金額が控除されます。

 所得税額から控除しきれない額はこれまでの制度と同様、一定の範囲内で個人住民税額から控除されます。

 この制度は、消費税率8%で取得した住宅は対象になりません。8%適用の住宅は、現行の住宅ローン控除が適用されますので、ご注意ください。

 詳しいことは、お近くの税理士にお尋ねください。

(南九州税理士会熊本東支部 塚本秀典)

※掲載の【答え】については、
新聞掲載日現在の法令に基づいています。

税理士を探す(くわしくは、お近くの税理士にお尋ねください)
税のはなし一覧へ戻る

▲ このページの先頭へ

南九州税理士会
〒862-0971
熊本市中央区大江5丁目17番5号
TEL:096-372-1151
Mail:nankyu@mkzei.or.jp

税理士を探す 日税連HPで検索