南九州税理士会

ホーム > ためになる・お役立ち情報 - 税金用語集
知っておきたい!税金用語集

平成30年3月31日現在の法令に基づいています

相続時精算課税制度

60歳以上の父母または祖父母から財産の贈与を受けた20歳以上の子である推定相続人または20歳以上の孫は、相続時精算課税を選択できます。
この制度の贈与税額は、特別控除額2,500万円を超えた部分に一律20%をかけた金額となります。
この制度を選択した場合の贈与財産は、相続時に相続財産に加算され、贈与税額を納付した場合は相続税から控除されます。
贈与する父母または祖父母ごとに暦年課税(通常の贈与税)との選択ができますが、一度精算課税を選択した父母または祖父母からの贈与については、暦年課税に戻ることはできません。
なお、事業承継に関連して相続時精算課税制度を利用する場合は、贈与者が父母又は祖父母に限りません。


用語集一覧ページへ戻る

ためになる・お役立ち情報

南九州税理士会
〒862-0971
熊本市中央区大江5丁目17番5号
TEL:096-372-1151
Mail:nankyu@mkzei.or.jp


税理士を探す 日税連HPで検索