南九州税理士会

ホーム > ためになる・お役立ち情報 - 税金用語集
知っておきたい!税金用語集

平成28年4月30日現在の法令に基づいています

消費税の計算

通常の消費税の計算(一般課税)と簡易課税制度による消費税の計算の2種類の方法があります。
(1)一般課税
 課税仕入にかかる消費税額の控除を受けるためには、「帳簿」と「請求書等」の両方の保存が必要です。
 帳簿には、取引年月日、取引内容、取引金額、相手方の氏名・名称を記載しなければなりません。
(2)簡易課税
 基準期間の課税売上高が5,000万円以下の事業者は、簡易課税制度を選択することができます。
 この場合、実際の課税仕入高を計算しないで、売上げに係る消費税額に、事業区分に応じた「みなし仕入率」を掛けたものを仕入れに係る消費税額とみなして計算します。
 みなし仕入率は、卸売業90%、小売業80%、製造業70%、飲食店業他60%、運輸通信業・金融業・サービス業50%、不動産業40%とされています。


用語集一覧ページへ戻る

ためになる・お役立ち情報

南九州税理士会
〒862-0971
熊本市中央区大江5丁目17番5号
TEL:096-372-1151
Mail:nankyu@mkzei.or.jp


税理士を探す 日税連HPで検索